丁寧で痛くない親知らず抜歯・顎関節症・歯周外科の口腔外科

親知らず・口腔外科

HOME > 一般歯科 – 親知らず・口腔外科

口腔外科


歯科口腔外科とは、口腔内とあごの骨や関節、唾液(だえき)をつくる腺やその周りの病気を対象とし、話をしたり、物を食べたりする「口の機能」を維持増進することを目的としています。

口腔外科では親知らずの抜歯や歯周外科治療など外科処置を含む治療が適応します。

親知らずの抜歯


親知らずは、以下のような時には抜く可能性は高くなります。

  • 親知らず周辺の歯肉が繰り返し腫れる時
  • 物が挟まりやすく、親知らず手前の歯が虫歯になりそうな時
  • 歯並びに影響がでる場合
  • 上か下かいずれか片方しか生えていない場合

水平埋伏歯

親知らずの生え方は様々ですが、顔の小さい現代人に多いのが、顎の大きさが小さいため真っすぐに生えられず骨の中で横向きにひっかかっている状態です。

そのまま何も問題を起こさない場合もありますが、大抵手前の歯に悪影響を与えたり、歯肉が腫れたりします。放置しておいても良くならないので抜歯する場合が多くあります。

親知らずの抜歯症例ケース1

Before
After

親知らずの抜歯症例ケース2

Before
After

歯周外科


歯周外科は歯周病に対する治療の一つです。歯周組織に行う手術のことであり、通常、歯周基本治療が完了し、口腔衛生状態が良好で、歯の保存をするために歯周外科治療を行います。

歯周外科手術の目的としては、「歯周ポケットの除去」「歯周組織の形態を修正しブラッシング等の口腔清掃を容易にする」以上の2つのことがあげられます。

専門担当スタッフ Dr.堀より

当院の口腔外科は、治療実績が豊富で技術レベルの高い口腔外科医が治療にあたりますので、より高度な治療をご提供できます。
口腔外科的な治療が必要な方はお気軽にご相談ください。

診療予約・相談・お問い合わせ

初めての方もお気軽にご相談ください