子供から大人まで対応した歯列矯正歯科・歯並び治療

美しいキレイな歯並びに歯列矯正歯科

非抜歯でなるべく行う矯正治療!

矯正歯科とは、悪い歯並びや噛み合わせを矯正装置を使用し、歯や顎の骨に負担のないように力をかけ、ゆっくり歯を移動させ、最適な歯並びへと改善します。

歯が不揃いであったり、上下の顎の噛み合わせが悪いと咀嚼や構音(発声により声をつくること)障害を生じたり、虫歯や歯周病など様々な病気を引き起こす原因となります。

また、不正咬合を治療することにより、容貌や表情の改善もはかれるため、自分の容姿に自信が持てコンプレックスの解消につながるのも治療の重要な目的です。

//

歯並びが悪いままにしておくと・・・

  • 咬む能率が悪い
  • 言葉が明瞭でない(発音が悪い)
  • 虫歯になりやすい
  • 歯周病になりやすい
  • 顎関節に負担をかける
  • コンプレックスを持ちやすいなどの影響がでてきます

このように矯正治療は、見た目の審美的な問題だけでなく、カラダの健康にも関わる大切なことです。

不正咬合の主な種類

叢生(そうせい):八重歯・乱ぐい歯
//

でこぼこに生えた乱ぐい歯、犬歯が飛び出した八重歯などのことを言います。

歯と小さくなったあごの大きさとの不調和が原因とされており、歯ブラシの毛先が届きにくいために、長い間そのままにしておくと虫歯や歯周病(歯槽膿漏)にかかりやすくなります。

上顎前突(じょうがくぜんとつ):出っ歯
//

上顎の歯が前に飛び出ていている状態です。俗に言う出っ歯と言うのが上顎前突です。

下顎前突(かがくぜんとつ):受け口、反対咬合
//

下顎が上顎より前に出ている状態です。主に受け口や咬み合わせが反対になるので反対咬合とも言われています。

開咬(かいこう)
//

奥歯で咬んでも前歯は咬んでおらず、上手く咬めない状態。また、発音に問題が生じることもあります。

空隙歯列弓(くうげきしれつきゅう):すきっ歯
//

隣同士の歯と歯の間が開いている状態です。

食べ物が挟まり、丁寧な歯磨きを心がけないと歯周病(歯槽膿漏)になりやすくなります。

子供の矯正治療について

子供の場合、乳歯が生え始めてから10年前後を経過して永久歯に生えそろえ終わります。この間に噛み合せが悪くなった場合、通常では2期に分けた矯正歯科治療をします。

まず、初期治療(早期治療)は3歳~12歳頃までの永久歯の咬合完成前の段階で、良好な噛み合せが形成されるように誘導する咬合発育治療です。この時期は大きな成長発育期にあるので比較的簡単な装置で歯の位置や、顎の骨の位置の改善を行います。

//

第2に本格治療は永久歯の咬合がほぼ完成し、大きな成長期が過ぎ、厳密に歯を動かしてよい噛み合せを形成するために固定式の装置(マルチブラケット)を使用して矯正を行います。

大人の歯列矯正について

大人の矯正歯科治療は子供の矯正歯科治療と異なり、顎の骨の発育がありません。子供の矯正治療であれば、顎の骨の発育を考えた上で矯正を行っていますが、大人の矯正治療の場合は噛み合せを考えつつ、歯並びを移動させるという矯正になります。

歯並びを治すにあたり、若干の隙間を作ったり、歯を抜いて矯正することもあります。もちろんなるべく抜歯をせずに矯正治療ができれば良いことはたしかです。抜歯をしても正常な咬合が望め場合、抜歯をして矯正治療をするケースがあります。また、正常な咬合が望める場合、抜歯をして矯正をすると治療期間が歯を抜かないより短期で済む場合もあります。

//

対応する矯正装置の種類

メタルブラケット
//

金属の特性により薄くて丈夫な矯正装置です。昔から実績のある装置なのでご存知の方も多いと思います。

装置料は比較的低コストですが、装置が金属色なので目立ちます。

セラミックブラケット
//

セラミックで作られている、半透明な矯正装置です。メタル(金属)と違い、白色または歯の色に近いため、見た目はほとんど目立たずに矯正治療をすることができます。

メタルブラケットに比べ費用は高額です。治療期間はメタルブラケットを用いた場合と変わりません。

マウスピース矯正
//

ワイヤーを使用しない取り外しできる透明なマウスピース型の目立たない矯正装置です。

「アライナー」と呼ばれる、透明なマウスピース状の矯正装置を装着しておこなう治療です。主に部分矯正の場合に適応しています。

リンガル矯正・裏側舌側矯正
//

歯の裏側から行うので、正面からは見えない矯正装置の「ステルスシステム」を使用しています。

表からの矯正と違い不向きな症例もありますが、見えにくく目立たないので矯正時の見た目が気になる方には最適です。

マウスピースで見えない部分矯正をしよう!

当院では、部分的な歯列矯正として透明で薄く、見えにくい素材で作られたマウスピース型の取り外し可能な矯正装置を使用しています。

また、使用するマウスピース矯正装置はアソアライナーシステムインビザラインシステムを起用し、患者様の不正咬合を治療するにあたり、ひとりひとりの治療計画にあったマウスピースを作成し歯並びを治していきます。

ですから人前に出るお仕事をされている方でもストレスなく使用していただけます。

//

マウスピース矯正の種類

当院では、2種類のマウスピース矯正システムを採用し、患者様の口腔内の状態に合わせ最適なマウスピース矯正システムにて治療を行っていきます。

アソアライナー

AsoAligner(アソアライナー)は、従来よりも正確な歯牙移動を可能したマウスピース矯正装置です。

弾性のある素材を使用し、必要な部位にだけ矯正力を加え、歯を徐々に移動させる仕組みです。

交換の度に、新しいマウスピースを製作し、厚みの違う3種類(ソフト0.5mm、ミディアム0.6mm、ハード0.8mm)のマウスピースで矯正力をコントロールしていくので歯の疼痛を軽減させることがでます。

//
インビザライン

Invisalign(インビザライン)は、全世界で約7万人の公式認定ドクターにより、210万人を超える患者さんがこのシステムで矯正治療を受けています。

インビザラインは、最新の歯科矯正理論と、米国アライン・テクノロジー社独自の3次元画像化技術やCAD/CAM(光造形)等の最先端技術を融合させた、新しいアプローチの歯科矯正治療システムです。

高い弾性を持つ新しいアライナー素材は、より持続的なフォースを加えることで歯牙移動のコントロールを高めることができ、目立たたず取り外しが可能なため、いつでも簡単に歯のお手入れができ、口腔内を健康な状態に保つことができます。

//

患者さまへ

当院の矯正担当医は、経験豊富な日本矯正学会認定医が担当致します。また、矯正治療の治療サイクルは1ヶ月単位になります。

「月に一度の来院で不具合があった場合はどうするの?」「一般歯科医院で矯正?」と不安になられる方も時にはいらっしゃると思いますが、矯正治療中の虫歯処置、抜歯、矯正装置の破損、脱落などは全て当院でしっかりとフォロー致します。

矯正専門医では、虫歯処置、抜歯などは他の一般歯科医院に依頼しているというケースが昔からあります。対応スピード、いつものクリニックで行う安心感など、当院とはそこにも大きな違いがあります。

また当院の院長は、矯正治療研究会山下会の会員として、毎日研賛を重ねておりますので、どうぞ安心してお任せください。

専門スタッフから

当院の矯正歯科治療は、治療実績が豊富で技術レベルの高い日本矯正歯科学会認定医が治療にあたりますので、あなたに合ったきれいな歯並びをご提供できます。歯並びでお悩みの方はお気軽にご相談ください。

また、矯正治療は途中でやめてしまうと後戻りすることがありますので注意が必要です。長いお付き合いになることが多いですが、一緒に頑張っていきましょう!

専門担当スタッフ Dr.平山日本矯正歯科学会認定医

ケース症例

矯正専門医が治療をおこなったケース症例の一部をご紹介します。

下の症例写真は、リンガル矯正・裏側舌側矯正で行った場合です。正面からは裏側のブラケットやワイヤーは見えづらくなっています。

高額治療をご希望される方にデンタルローンのご案内

デンタルローンとは、歯科治療費専用のローンのことを言います。
近年は保険治療かどうかだけでなく、見た目や機能性などを考慮して治療方法を選択する人が増えています。しかし、治療費を用意できるまで、悪い状態をそのままにしておくことはできません。そんな時に便利なのが、デンタルローンと言えるでしょう。
比較的分割回数が多くできるため、無理のない支払が可能になります。当院では、新生銀行グループのアプラスのデンタルローンを取り扱っています。

Website Creation by GlobalUnity