歯を失う前に保険診療でできる一般歯科治療

保険虫歯治療

HOME > 一般歯科 – 保険虫歯治療

虫歯治療


むし歯とは細菌によって歯が溶かされる病気であり、自然に治癒することはありません。
放置しておけばそのまま悪化してしまうため、虫歯になってしまった歯は歯科医院で治療しなければなりません。

虫歯は進行すればするほど、削る量が多くなります。虫歯は進行段階によって名称が異なり、一般的には「C0」~「C4」に分類されます。

この虫歯の原因には、いくつかの要因が重なり合うことで発症することを皆様はご存じでしょうか?

これらの虫歯の原因に対して1つ1つ対策することでむし歯の予防ができます。
ここでは、虫歯の原因となるもの、虫歯のメカニズム、段階別の虫歯の状態などをご紹介します。

虫歯の原因 対策
① 歯の質が原因 フッ素塗布、PMTCをおこなうことで再石灰化を促す。
② 歯垢・細菌が原因 正しい歯磨きをする。歯科医院で定期的なクリーニングをする。
③ 糖分が原因 食生活を改善。糖分が少ない食べ物を多く摂りましょう。
④ 時間が原因 ①~③を時間のコントロールすること。
(だらだら食べたり、歯垢をつけたまま放置しない。)

むし歯のメカニズム

むし歯は、歯の表面に粘着したプラーク(バイオフィルム)が飲食をするたびに栄養を取り込んで酸を放出します。

プラークから放出された酸が「エナメル質」の中に浸透して歯を溶かし(脱灰)、硬い歯がまるで豆腐のように柔らかくなります。
この歯が柔らかくなった部分を一般的に「むし歯」と呼ぶのです。

そこに虫歯菌が侵入して、さらに内部への穴の連鎖が続いていきます。これが虫歯ができて、深く進行していくメカニズムです。

次のような4つの条件がそろった場合にむし歯になると考えられています。

Point.1 虫歯になりやすい歯の質、歯並び、噛み合わせになってしまっている。
Point.2 虫歯菌が旺盛な活動をしている。
Point.3 歯につきやすい甘いもの(糖質)を多く摂取する食習慣がある。
Point.4 プラーク(歯垢)が歯に付着したままになっている時間が多い。

虫歯の進行度合

進行度 イメージ 状態
C0
初期
// 肉眼では確認できないが虫歯の初期症状を疑われる虫歯。歯磨きなどの予防措置が困難な場合は従来通りの患部を削って詰め物をします。
C1
軽度
// この段階から治療が必要になります。虫歯ができ始めの状態。患部を削って詰め物をする程度で済みます。
C2
中軽度
// 虫歯が進んで小さな穴が開いた状態。患部を削って詰め物をする程度で済みます。
C3
中度
// 虫歯がさらに進行し、大きな穴が開いた状態。歯の根の治療をした後、かぶせ物や詰め物をします。
C4
重度
// 歯冠が崩壊し、根っこだけが残っている状態。虫歯が根の中まで進行し、抜かざるを得ない場合もあります。
診療予約・相談・お問い合わせ

初めての方もお気軽にご相談ください