安心・安全で機能性に美しさをプラスしたインプラント治療

インプラント治療について

インプラント治療は人工歯根療法ともいわれ、 歯の抜けた部分の歯槽骨にチタン製のインプラント(人工歯根)を入れて使用します。そのインプラントを支柱とし、その上に支台部(歯を直接支える部分)と人工の歯をしっかりと固定する治療法です。

チタンは長年の基礎的、臨床研究からインプラントの素材として最も安全であり、また顎の骨と結合することが確認されています。 インプラントと顎の骨がしっかりと結合( オッセオインテグレーション )すれば、その上に丈夫で安定した歯を作ることが出来ます。

入れ歯では満足することが難しかった「食べる」「話す」といったこともインプラント治療により、ご自分の歯と同じような感覚を取り戻すことが出来るようになり、人前でも口元を気にせず、食事やおしゃべりが楽しくできるようになります。

インプラント治療は、お口の中の機能回復と、自然な審美性を追求した新しい治療法です。

//

こんな場合にインプラントをおススメします

  • 奥の歯が抜けたため、ブリッジができない。
  • ブリッジにするために、健康な歯を削りたくない。
  • 抜けている歯の数が多く、ブリッジでは支えきれない。
  • 入れ歯にしたくない、不快感がある。
  • 事故などの外傷で歯を喪失した。

インプラント治療のメリットとデメリット

メリット デメリット
隣在する歯を削る必要がなく、健康な歯を傷つけない。 保険適応外なので費用が高い。
入れ歯のような不快感がない。 外科手術をする必要がある。
見た目が自然で美しい。 しっかりメインテナンスをしないと細菌感染のリスクが高まる。
自身の天然歯のような咬み心地を味わえる。 他の治療よりも治療期間が長いことがある。
固定式なのでご自身の歯と同じ様に歯ブラシやフロスでメインテナンスができる。 患者様の身体の状態(重度な糖尿病など)よって治療できないことがある。

各分野の専門医と連携で質の高いインプラント治療をご提供します

インプラント専門の名医とのチーム編成による質の高い治療

当院では専門分野を活かした治療をご提供するため、インプラントの手術のエキスパートと連携を図り、質の高い最先端のインプラント治療をすることを実現しています。

高度インプラント術式

当院でのインプラント治療は、CT撮影、コンピューターシミュレーション、ガイデッドサージェリーを起用することを基本とし、より安全・確実なインプラント治療が提供できるよう努めております。

//

低侵襲な治療法である「グラフトレス」術式

グラフトレス術式によるインプラント治療は、従来であれば骨量が不足しているために骨移植や骨造成が必要とされていた症例において、より短いインプラント(ショートインプラント)や角度をつけてのインプラント埋入(傾斜埋入)、オールオンフォー(All on 4)などによって通常のインプラント治療と同じように治療を進めていくことが可能となるインプラント術式です。

この方法は、外科的手術などの侵襲が少なく、治療費用も安く抑えることができるため、患者さんにとってメリットの大きい最新のインプラント治療法です。

ただし症例によっては、どうしても骨移植や骨造成が必要となる場合もあります。

//

骨を増やし土台をつくる「グラフト」術式

グラフト術式とは、骨の幅、量、高さなどが足りず、骨造成を行わないと治療ができない症例や高い審美性を確保する場合のために、骨移植(ボーングラフト)や骨造成(GBR)によってアゴの骨量を増やして厚くし、インプラント治療を行う土台をつくる術式です。

この方法は、高い審美性の追及や骨が足りなくインプラントをあきらめてしまっていた方でもインプラントができるようになるため、このようなケースの方にはメリットがあるインプラント治療法です。

//

歯肉をメスで切らない無切開「フラップレス」術式

無切開手術(フラップレス術式)によるインプラント治療は、あらかじめCT撮影精密検査やコンピューターシミュレーションによって最適なインプラント埋入ポジションを確定し、確実にそのポジションにインプラントを埋入するための手術用ガイドを作製することで、歯肉を切り、大きく剥離することなく埋入手術を可能にすることができるインプラント術式です。

この方法は外科的手術などの侵襲が少ないため、出血や術後の腫れ、痛みなどを大幅に軽減することができ、縫合や抜糸といった処置も必要ないため手術時間や治療回数も短縮でき、患者さんにとってメリットの大きい最新のインプラント治療法です。

ただし症例によっては、どうしても無切開手術ができない可能性もあります。

//

総入れ歯に変わり即日に噛める「オールオンフォー」術式

All-on-4(オールオンフォー)は、総入れ歯に変わる画期的な最新のインプラント治療法です。歯をすべて失った患者さんに対する治療法はこれまで「総入れ歯」が主流でした。 しかし、「総入れ歯」による生活には違和感を感じる方も多く、食事が不便だったり、外れたりする不安もあります。

取り外し式の「総入れ歯」に対して固定式の「インプラント治療」は総入れ歯のような違和感やズレなどもなく、天然歯のような快適な食生活を取り戻すことができます。そして、インプラント治療のデメリットである「治療期間」「経済性」「審美性」「外科的侵襲」などの患者様にかかるあらゆる負担を軽減した治療法として開発されたのが「オールオンフォー」です。

//

インプラント治療のQ&A

通常年齢的には、成長期が終わってからが対象となります。また、健康であれば年齢に特に上限はありません。糖尿病などの全身性の疾患がある場合は状況によって異なりますので、先生にご相談ください。

はい。インプラントは顎の骨にしっかり結合し、その上に人工の歯が連結されますので違和感がなく、ほとんど自分の歯と同じ感覚がよみがえります。

インプラントは人体との親和性に優れ、腐食しにくいチタン素材を使用していますが、治療後の清掃を怠りますと、天然の歯と同様に歯槽膿漏になり抜け落ちることもあります。
インプラント治療を受けた方は、特に口の中の衛生状態に気をつけ、定期的に健診を受けることが長持ちさせる秘訣です。

高額治療をご希望される方にデンタルローンのご案内

デンタルローンとは、歯科治療費専用のローンのことを言います。
近年は保険治療かどうかだけでなく、見た目や機能性などを考慮して治療方法を選択する人が増えています。しかし、治療費を用意できるまで、悪い状態をそのままにしておくことはできません。そんな時に便利なのが、デンタルローンと言えるでしょう。
比較的分割回数が多くできるため、無理のない支払が可能になります。当院では、新生銀行グループのアプラスのデンタルローンを取り扱っています。

Website Creation by GlobalUnity